化学の発達と共に先人達の知恵が忘れ去られようとしてきています。
しかし、天然素 材には遠い過去から受け継がれてきた 本質があります。
そこには化学的な繊維がいくら発達しようとも追いつく事の無い、 叡智が存在すると私達は考えています。
いくら、人々が古臭い、時代遅れだと言おうとも私達にはそれを受け継ぎ後世に伝え る役割があると思っています。
そこには天然素材の 良さだけではなく、モノ造りにこだわってきた先人達が残してくれた技術もありま す。

天然素材の大切さと先人達が残してくれた技術を大切にし、私達は眠る事の大切 さ、心地よさを見い出して行きたい。それが 私達の布団に込めて行きたい思いです。どんな事であっても、どんな時代であっても 一番大切なものはそこに存在する気持ち(心)です。

その気持ち(心)を布団で表現をするのが我々『ふとんの匠』の仕事です。

 

 

 

Copyright(C) Futon no TAKUMI. All Rights Reserved.